歴史的な背景

強化はフランスの極東アカデミー(EFEO)の友人人Che、粘土その他によってされました。
他方、フランスで違法な発掘を支配時代で受けました。
そして、大部分の芸術作品は失われました。
そのうえ、ベトナム戦争によって米軍の空爆を受けました。
そして、大部分の残りは破壊されました。
強化は、ポーランドの文化財保護アトリエ(PKZ)、ジョーン・ダオKynとベトナムの文化情報省文化財回復コージの他のカジミエシュ・クヴィアトコフスキによって、ベトナム戦争の後達成されました。
日本人トヨタ基盤、アメリカの世界記念碑腕時計基盤による保護促進は実行されます。
そして、イタリア部隊は現在それを調査します。
そのほかに、損失残りパビリオンは、2005年3月に日本の国際協力メカニズムの技術的な協力によって完成しました。

こういった歴史的背景からこの場所は世界遺産に認定されています。
これは個人的な意見なんですが歴史的な遺跡などに脚を運ぶとかなりわくわくします。
これはあくまで個人的な意見なんですけどね!
でもこういった場所に観光で行けるとそれだけでいい記念になるし思い出にもなってきます。
この気持ちをほかの人にも味わってもれえるとうれしいです。

支配していたもの