フエの建造物群

北の脅威であった中国はベトナムのためのその時までの清朝になりました。
そして、必要Iは恐れがありました。
そして、侵入して、ベトナムに攻撃する力は消えて、首都を北部に置きました。
そして、西側から中国から攻撃性のために持つことから成立することは弱まりました。
そのうえ、これが中心部のフエが南のメコン・デルタ地帯を抑えるけれども、それが地理的に便利だったからであると、思います。

そのほかに、最初は、フエをグエン氏の拠点であったグエン王朝の文書による。
そして、そこの首都とした理由は、よかった南北の輸送の近くの港利益、と便宜でした。
そして、上で、フエの景色の理由によるすべては、そうです。
フォーン川のまわりで、肥沃な田が広がって、きっと、自然の風景の美しさで単独でそれでここ首都で定着した理由として十分であると思いました。
グエン王朝の皇帝の墓である聖地は、フォーン川に沿って風景の良い場所を選んで、着かれます。

こういった背景からフエの建造物群というものが世界遺産に登録されています。
なので結構見ごたえのある観光地になっています。
フエの人々には多くの非常に心の暖かい人々がいると言われます。
それは肥沃な土地に住んでいます。
そして、美しい性質で育てられて、ものである場合があります。

ミーソン聖域ハロン湾