ベトナムとは

ベトナムとは、正式名称をベトナム社会主義共和国と言います。


この国のハノイの北方のタムハイのタムクエン洞窟の約30〜40万年前の地層から人類の歯が発見されています。
さらにほかの場所からも発見されています。


ほかにもいまから約2〜3万年には現代人の先祖と言われている『ホモ・サピエンス』が現れており遺跡となって残っております。
それくらい昔からこの地に人類が生活しています。
そして、2〜8世紀にかけて、漢、隋、唐の支配を受けています。
しかし、939年にはこれらの支配が後退して初の民族王朝である呉朝が誕生しました。


それから時が流れて1887年にはフランスに植民地にされてしまいます。
この独立を求めて日本に支援を求めています。


1945年3月には日本の援助のもとでベトナム帝国の独立を宣言しています。
その後、1946年にフランスに対して独立戦争を起こしています。
その結果、1949年にはフランスもベトナム国として独立を認めています。


1954年にディエンビエンフーの戦いでフランスは敗北しています。
そしてジュネーブ協定を結んでベトナムから撤退しています。
この結果北緯17度線でベトナムは南北に分裂してしまいます。


こうしてベトナム戦争が起こってしまいます。
この戦争が終結し南北は統一されています。

ベトナムの基本