第二次世界大戦

1939年のヨーロッパと1940年6月22日に引き渡されるフランスで第二次世界大戦が起こったとき、フランス領インドシナ(仏像マーク配置する)で、年の9月に降伏を受け入れたビジー・フランス側の承認で、日本軍隊は配置されました。
日本をすでに連絡した日本とフランスを降伏させるドイツへのドイツ防共協定は、間近になりました。
そして、ドイツの側の圧力が、ありました、そして、得られた承認でした。
ブッダ・マーク配置した後のベトナムは、ビジー・フランスと日本のそばに倍の規則のために置かれました。
「大東亜共栄圏」(ベトナムの帝国が1945年3月11日に東京電撃戦のその翌日と等しかったので、私が正式な独立を成し遂げた日以外の)を、日本は主張しました。
このベトナムの帝国の設立は、阮朝が帝国Ruleの王政復古として用いられた日でした。
しかし、不作が1944年の秋から1945年の春までベトナムの全部の地域を攻撃したので、200万の人々は死ぬほど飢えました。
そして、日本軍隊で必要なものと異議があるこの時間の米のフランスの強制を買っている政治制度将軍によって、農民の食物はそれを奪われました。
そして、チャオ、日本が8月14日に以前降伏を発表したとき、インドシナ共産党の全国大会は1945年8月14日から第15の上で舌を持たれました(Tuyen Quang)。

南北分裂時代フランスとの関係