ベトナムの基本

ベトナムには世界遺産がいくつかあります。
文化遺産としてはフエの建造群であったり、ホイアンの古い町並みであったりミーソン聖域という場所があります。


さらにハノイのタンロン皇城の中心区域胡朝の城塞などがあります。
また、自然遺産としてはハロン湾フォンニャーケバン国立公園などがあります。
ベトナムは、国土のほとんどが北回帰線よりも南に位置しています。


そしてさらに赤道の近くまで国土は伸びています。
そのため季節風の影響を強く受けてしまいます。
7月から11月くらいまでは台風の影響を受けます。
遠くに中心部の被害がひどいです。
北部は温帯性の気候となっており、4月から10月までが雨期になります。
首都のハノイの平均気温は1月は16度7月は29度になっています。
さらに年間の降水量は1704mmです。


ベトナムの国民はその多くがベト人となっています。
ほかには華僑やタイ人、クメール人などがいます。
言葉は基本的にはベトナム語になっています。
ほかにも華語クメール語も話されています。


ベトナムで使われている文字にはクオック・グーとよばれる文字が公用文字となっています。
さらに漢字も使用されています。
これはクオック・グーが普及するまでは一般的なものになっていました。

ベトナムとはベトナムの政治