日本との関係

また、日本の町は、ホイアン(会議は低いです)で作られます。
再び南を動かしたチャンパ(占い師キャッスル)さえ中国の船(中国の船)(そして、将軍職trades.A名によって認可される取引船)を迎えます。
そして、ベトナムの通貨のドン川は銅を意味しているベトナムのドンティエンから来ます。
ベトナムの主要通貨でした。
Southeasternアジアの基軸通貨の1つとして歩き回りました。
そして、日本人はお金を銅でおおいます。
カネイ時代流コインが材料上質によって国際ビジネスの解決のために使われました。
日本の軍隊は中でブッダの1940年を配置している北のシールを実行して、1941年に南部に配置されました。
これはフランス・ビジー政府との外交的な議論に依存しました。
そして、日本軍隊は太平洋戦争の最後の年までインドシナ植民地政府と共存しました。
日本の軍隊は1945年3月にクーデターによってフランス植民地政府を解体して、ベトナムをその後名目上独立しているようにならせ(ベトナムの帝国)ました。

戦争終わりの後起こった力の空白は、ベトナムMinhに賛成して行いました。
そのうえ、フランスだけであるという印象とフランス同盟全国軍隊と同じ種類の帝国主義国を便秘の駅のものと配置している期間で最も多くのもので植民地政府に参加した時間で、それは日本に与えます。

フランスとの関係日本との昔