フランスとの関係

ベトナムの植民地化を予定したフランスは、ベトナムを癸未条約(最初のHue(Yue)条約)の前の猿条約(2回目のHue(Yue)条約)による保護された国としました。
1883年の1884年。
それは清朝を倒しました。
そしてそれは、ベトナムに宗主権を主張して、清仏戦争でこれを受け入れないで、1885年の天津Treatyで清の宗主権を否定しました。
フランス領仏領インドシナを1887年にできさせました。
そして、ベトナムはカンボジアで連邦に取り入れられて、フランスの植民地になりました。
阮朝は、植民地支配中で続けました。
1900年代であったとき、シオニズムは知識人の指揮によって上がりました。
ファン・ベルボーイ・チャウは、帝国日本(ドン動物園運動)で留学生を派遣するための東部地方のダンス運動を開発しました。
ソビエト連邦が1917年にロシア革命によって作られたとき、コミンテルンはつくられて、植民地解放を支持しました。
このようにそれをする間、コミンテルンとの協力の下のシオニズムは強められました。
インドシナ共産党は1930年につくられました。
そして、共産党はホー・チミンと第二次世界大戦の間にベトナムMinh(ベトナムMinh)でさえ主要な役割を演じました。

第二次世界大戦日本との関係